instagram

パイラー事業

ゼロクリアランス工法

隣接する構造物へゼロ接近。無公害施工で空間の有効活用。

ゼロクリアランス工法 概要

  • 従来では解決できなかった、隣接する構造物へゼロ接近で、無公害施工

    隣接する構造物との隙間を「ゼロ」の状態にして施工を可能にした工法です。従来の工法では解決できなかった狭隘な水路などの土木工事や敷地の有効活用が求められる建築工事に」おいて、これまで活用できなかった部分を最大限に生かすことが出来ます。 また、工場生産した高品度な杭材を安全確実に急速施工することで、工期の短縮、工費削減を実現しています。

ゼロクリアランス工法の特長

ゼロクリアランス工法は、建設工事における「五大原則」を全て遵守した施工を実現しています。

いかなる建設工事も国民的視点から公正、妥当なものでなくてはなりません。二十年余の経験と実績を有する本工法は建設工事のあるべき姿、その五大原則(環境性、安全性、急速性、経済性、文化性)を全て満たしたものです。

  • 環境性

    ● 静荷重圧入方式のため、騒音・振動などの公害を発生しません。
    ● 工事による影響は、施工システムの占める範囲にしか及ばないので周辺環境を保護できます。

  • 安全性

    ● 施工システムはしっかりとした既存の杭を掴む機構のため、転倒の心配が全くありません。
    ● 操作はラジコンで行うため、安全な場所からの操作を可能にします。
    ● 工場生産された高品質なゼロ矢板を直接圧入するため、信頼性の高い壁体が完成します。

  • 急速性

    ● システム化した機械・装置で合理的な協調作業を行うので、工期を大幅に短縮します。
    ● 軽量・コンパクトなシステムは複数の導入を容易にしており、飛躍的な工期短縮を可能にします。

  • 経済性

    ● 隣接構造物との隙間を“ゼロ”にできるため、敷地の有効活用が図れます。
    ● 仮設工事や作業用地の確保などを必要としないので、大幅に工費が削減されます。

  • 文化性

    ● 施工は全てシステム化しているので、工事をスマートに行うことができます。
    ● 施工前もしくは施工後の杭材に化粧材を施すことで、景観に調和した文化的な構造物が完成します。