instagram

1

2

3

4

5

5

scroll

BUILD HAPPINESS

明治38年。
人々の幸せを叶えるため、
造船業で社会へ船出した
「梶川」は時代のニーズに
向かって舵をきりました。

梶川の志は船やひと、
多くのモノを受けとめる港へ。
その港や海岸の
「安全な地盤づくり」への
挑戦をはじめました。

そして巨大な重機たちを
モノづくりの現場へ。
モノづくりの環境と
新たな街、建築物をつくることで
新しい社会を築いてきました。

次の100年も
安全な地盤をつくり、
新しい街をつくる
KAJIKAWA へ

人に安全な地盤をつくる土木。
人が安らげる街をつくる建築。
人とモノづくりを支える重機。
創業100有余年。
造船業から始まった梶川建設は、
社会のニーズに向かって舵を切り、
現在は土木基礎事菜部、建築部、重機部の
三つの事業体制で安全な社会環境を築いてきました。
これからもなお一層、
地域の方々への感謝と環境への責任を胸に
「ヒューマンサービス」と呼ぶにふさわしい
総合建設サービス事業で、未来に貫献します

  • BUILD HAPPINESS

    明治38年。
    人々の幸せを叶えるため、
    造船業で社会へ船出した
    「梶川」は時代のニーズに
    向かって舵をきりました。

    1 / 5
  • 梶川の志は船やひと、
    多くのモノを受けとめる港へ。
    その港や海岸の
    「安全な地盤づくり」への
    挑戦をはじめました。

    2 / 5
  • そして巨大な重機たちを
    モノづくりの現場へ。
    モノづくりの環境と
    新たな街、建築物をつくることで
    新しい社会を築いてきました。

    3 / 5
  • 次の100年も
    安全な地盤をつくり、
    新しい街をつくる
    KAJIKAWA へ

    4 / 5
  • 人に安全な地盤をつくる土木。
    人が安らげる街をつくる建築。
    人とモノづくりを支える重機。
    創業100有余年。
    造船業から始まった梶川建設は、
    社会のニーズに向かって舵を切り、
    現在は土木基礎事菜部、建築部、重機部の
    三つの事業体制で安全な社会環境を築いてきました。
    これからもなお一層、
    地域の方々への感謝と環境への責任を胸に
    「ヒューマンサービス」と呼ぶにふさわしい
    総合建設サービス事業で、未来に貫献します

    5 / 5

新しいロゴへの想い

梶川建設のロゴデザインには、
私たちの歴史と志が込められています。
明治時代、造船業からはじまった歴史。
公共工事をはじめ、さまざまな施設の建築と、
モノづくりの現場を支えてきた実績。
社員一人ひとりが技術と知識を積み重ね、
安全な地盤から街をつくっていくという意志。
そして梶川建設に関わっていただく
皆さまへの感謝と絆を、
あたたかみのある色彩で表現しました。
次の100年へ、心新たに
安全な地盤、街、モノづくりを支える。

梶川建設