かわいいとエコとやさしい「風の井戸」。優しい先進技術の採用・開発を積極的に取り組んでいます。

コンセプト コンセプト梶川建設×ぬくもり工房ECOジオパワーシステムハイブリッドソーラーハイスピード工法

ハイブリッドソーラーとは

やさしく暮らす、幸せに暮らす

『ハイブリッドソーラー』は、自然の恵み「太陽エネルギー」を最大限に利用できる“太陽熱利用住宅”です。
太陽熱を床に蓄熱して床暖房する結果、家中丸ごと24時間暖房になります。 24時間暖房の家は、いつでも家の中の温度と湿度が一定に保たれるので、快適に過ごせるのはもちろんのこと、ヒートショックの危険を激減させ、さらに結露やアトピーやぜんそくの原因ともなるダニ・カビの発生を大幅に抑制することができます。 快適24時間暖房を実現する『ハイブリッドソーラー』の主燃料は太陽熱。
床暖房だけでなく、お湯づくりもします。 太陽熱を利用する地球に優しいエコ住宅は、人にも優しい健康住宅と言えます。

エコ住宅
ハイブリットソーラーの利点
ハイブリッドソーラーシステムのしくみ

太陽熱を活かした『ハイブリッドソーラー』を備えた家は、昼も夜も、もちろん暑い日も寒い日も全自動運転で適湿適温を保てます。

太陽熱コレクターによって熱媒液(不凍液)を暖め、床下のコンクリートに埋設された給熱パイプに循環させます。昼間は室温も高く、蓄熱が中心となります。日が沈むとシステムは停止し、気温の低下にともない自然放熱(遠赤外線)が増加し、家全体を暖めます。天候が悪く蓄熱温度が不足するときは補助熱源装置が自動的に作動し、室温を一定に保ちます。しっかり蓄熱した後や暖房の要らない季節は貯湯タンクの水を温め、お風呂や台所への給湯に利用します。

ハイブリッドソーラーハウスのしくみ
ハイブリッドソーラーの環境に合わせた運転モード

寒くなったら

暖房期に日差しがあるとき、屋根のコレクターで温まった不凍液は床下のパイプを循環します。
こうして、昼間の太陽を夜から明朝までの床暖房のために、蓄熱しておきます。 また屋根で温められた不凍液は、床を循環した後も残り熱を持っています。この熱を持った不凍液は再び循環し、給湯にも利用されます。
このように、ほとんどの時期は、暖房をしながらお湯をつくる運転が行われます。

天気の悪い日が続いたら

日差しがないときは、補助ボイラーの助けを借りて床の蓄熱温度を確保します。
自動運転なので、操作はいりません。

暖かくなったら

暖房が要らない季節は、太陽熱でたっぷり370リットルのお湯をつくります。
春から秋までは、お天気さえよければそのままお風呂に入れます。冬でも天気の良い日は、暖房運転しながら同時にお湯もわかします。

pagetop