圧入・パイラー工法、注文住宅・地熱工事・建築は愛知県碧南市の梶川建設圧入・パイラー工法、注文住宅・地熱工事・建築は愛知県碧南市の梶川建設

ハット形鋼矢板圧入工法

軽量・コンパクトな機械で、完全かつ合理的、経済的な工法

ハット形鋼矢板圧入工法
ハット形鋼矢板圧入工法 概要

900ピッチ矢板(ハット形鋼矢板900)は、U形鋼矢板を性能で上回り、本設構造物として幅広い適用をめざし開発された、施工性・構造信頼性・経済性に優れた新時代の矢板を施工します。

杭材の両端2箇所に圧入力点(圧入力を加える位置)を設けることで、圧入パワーを確実に伝達し、3枚の反力杭の継手部を挟んだ状態で掴み一体化させることで、より安定した強い反力基盤を構築します。

杭材の大型化にかかわらず、徹底した軽量設計により、圧入機本体質量を9.3tに抑え、設置や自走時の安全で快適な作業を可能としました。

サイレントパイラーECO900に対応

ECO900は環境対応型圧入機で、高い燃焼効率で排出ガス第2次基準値をクリアし、超低騒音基準値の音量に対して1/3を達成しました。また生分解性油脂を標準採用しています。

ハット形鋼矢板圧入工法

ハット形鋼矢板圧入工法の特長
技術:施工性・構造信頼性・経済性に優れた工法

● 静荷重圧入方式のため、騒音・振動などの公害を発生しません。
● 工事による影響範囲は施工システムのスペースにしか及ばないので従来のように広大なスペースを必要としません。

環境:優れた環境配慮設計

● 国土交通省の環境基準をクリア
 ・高い燃焼効果で排出ガス第2基準値クリア
 ・超低騒音基準値の音量に対して1/3を達成
● 生分解性油脂の標準採用
 ・圧入機専用の仕様で開発
 ・優れた生分解性と無毒性
 ・高い潤滑性と難燃性

ハット形鋼矢板圧入工法
情報化:先進の情報化施工技術

● GIKEN ITシステム搭載
● 科学的圧入施工管理

施工例

その他の工法を見る

CONTACT
gotop