トップページ>>パイラー事業部 
先進技術を持つ機械などを使い、 従来では施工困難な 特殊環境(硬質地盤、上部に障害物があるなど)下での 鋼矢板圧入作業を行います。

業務案内

●硬質地盤クリア工法 (スーパークラッシュパイラー SCU400)
玉石を含む地盤や砂礫等の硬質な地盤において、単独圧入・WJ併用圧入では困難な場合がありました。優れた原理を持つ圧入の唯一の弱点であった硬質地盤を克服したのがオーガーの併用です。利点の一つとして、狭い場所での施工を可能とし原理的に安全である為、既存杭打機のような転倒の危険性や威圧感がありません。圧入の優位性としては、無騒音・無振動において転倒の心配もありません。尚且つ杭の支持力を確認しながら施工ができますので高精度な施工が約束できます。

●上部障害クリア工法 (クリアパイラー CL70)
橋梁下や下空線下などの上部障害のある場所、あるいは現在完了している建築構造物の更にその下を開発する必要のある場所など厳しい制約条件下で活躍するのがこの工法システムです。
例えば老朽化した鉄道橋や道路橋などの改築にあたって、既存の交通に全く支障を来さず、新築、更生、補強工事に優れた工法です。


●ノンステージング工法 (GRB)
名前の通り、仮設による作業ヤート゛を無必要とし、主に河川工事や鉄道の隣接工事においては、その有効性を発揮し現場における工費の削減・工期の短縮にも貢献します。
 圧入機の補助装置として。クランプクレーン・パイルランナー・ユニットランナー・ステージにより組まれる工法で、従来による構台の組立足場による手間も必要ありません。

 
●ゼロクリアランス工法 (ゼロパイラー ZJ100)
隣接する構造物との隙間を「ゼロ」の状態にして施工を可能にした工法です。従来の工法では解決できなかった狭隘な水路などの土木工事や敷地の有効活用が求められる建築工事に」おいて、これまで活用できなかった部分を最大限に生かすことが出来ます。
 また、工場生産した高品度な杭材を安全確実に急速施工することで、工期の短縮、工費削減を実現しています。

●ハット形鋼矢板圧入工法 (サイレントパーラー ECO900)

900ピッチ矢板(ハット形鋼矢板900)は、U形鋼矢板を性能で上回り、本設構造物として幅広い適用をめざし開発された、施工性・構造信頼性・経済性に優れた新時代の矢板を施工します。

鋼矢板圧入作業

最新の機種と優秀なオペレ−タ−を有する当社に、おまかせ 下さい。また他の工法についてもお気軽にご相談下さい。
当部門では、 鋼矢板圧入引抜作業を 各種機械設備を駆使し行っています。
愛知県下でも有数の優れた技術と充実した最新 設備により、当社精鋭スタッフが安全かつスピーディな作業を実践します。

全国出張サービスも承っております。 お問い合わせ・ご質問はこちらへ
鋼矢板圧入作業:パイラー事業部部長 富田 養治(とみた ようじ)
E-mail: 杉浦貴之
TEL:0566-48-3688 0566-48-7126(パイラー事業部直通FAX)

 
株式会社梶川建設 本社:〒 447-0033 愛知県碧南市天神町2丁目8番地 TEL 0566-48-3688  FAX 0566-48-3691
Copyright 2004 Kajikawa Constraction co.,ltd All Rights Reserved.
.